« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

鑑賞感想 演劇「遣らずの雨」

=他の場所に書いた記事の転載、ほぼ同じ内容です=

2020年3月の公演、見に行く準備が整っておりましたが、時節の状況により、予約していた日程分が中止となりました。このたび、公演の様子をDVDで頒布いただけるとの連絡をいただきましたので、さっそく求め、拝見しました。

=== === ===

劇団 演劇らぼ・狼たちの教室「遣らずの雨」
会場:下北沢 スターダスト

その前年の唐組のお芝居に出演されていた俳優さんが関係されている公演があると知り、東京まで見に行くことにしました。

3月の公演、社会の様子がだんだんと変わりゆく時期でしたので、どうなることか心配していましたところ、公演の終わりのほうの日程を中止する英断をされた経緯だったと記憶しております。

=== === ===

舞台の様子をとらえたDVD、演じられている息吹きが画面を通して伝わります。頭の中の疑問符あふれる幕開け付近、登場人物それぞれの視点と語り、暗転とオトシに至る運び、引き込まれます。

  ※雨降る日に、遣らずの雨を鑑賞。。。

お芝居の感想、小屋の外には秘すべきところがネタばれしないようにできているといいのですが。。。

=== === ===

話がそれますが、能の邯鄲とか、黄色いお粥一炊の話とか、現実世界の脆さ儚さの寓話、古来から興味を惹いてきていますよね。脆さ儚さを知って、欲深くならずに前に進むというようなオチ(?)ではないかと思います。

さらに話がそれますが、黄色いお粥とは、粟の粥だそうです。粟は近年の中国では小米と呼ばれていると思っていました。ただし、粟にはたくさん種類があるようで、中国の百度百科では、黄色いお粥の「黄粱」とは、粟の一種で、小米と同じ種類だが、小米とは違うとの説明がされています。そのあとの説明文では、黄粱の別名に「小米」が含まれる言葉も並び、結局、小米なのか黄粱なのか、ワケがわからなくなります。

小米粥は、中国東北地方に住んでいた頃、時々朝ごはんに食べており、黄色い粟が少し浮かぶお湯のようなものでした。日本での粥のイメージより、穀物濃度が薄い感じです。

 

Img_20180716_060146_724

  ※写真は全く関係ない地の線路

中国の、その昔の寓話に出てくる粟粥の濃淡が気になるところですが、どちらにしても粟粥の一炊とは、白米の炊飯時間よりははるかに短かかったものと推測、そんな短い時間の夢で長い人生の脆さ儚さを見てしまうものだなあと感じるのは、自身が見る夢もそんな早い展開だったとの薄い記憶があったからなのでしょうか。。。

お芝居、舞台、短い夢のようにも感じます。。。

=== === ===

舞台の様子に戻りますと、当初の疑問符は次々と納得に向かいそうになります。しかしながら、その後、疑問符の続きを上塗りするような展開があり、さて、この後、登場人物それぞれがどこに向かっていくのかわからなくなるのでした。

そして、物語の片付きは明るく前向きになっていくことを期待したくなります。最後はなぜか心が温まる気がいたしました。

作者は、加藤サラバさんという方だそうです。登場の五名の俳優の皆様、動いたり、迫力ある語りをされたり、圧倒される演技です。

まだ訪れたことがない下北沢という地で拝見したかったところですが、DVDの映像で間近に見れる感じも好きです。

=== === ===

せっかくなので、ネタばれしない程度に、キーワードをいくつか。。。

雨、雨なので外に出ない、それぞれが縛られて(?)いるもの、探している何か。。。

題名に、雨が入っているので、雨はそれなりの役割を果たしているのでしょう、きっと。

=== === ===

幕開けの前には、USAの三人組グループが日本限定で発売していた、水分系の題名の歌が流れていました。大団円は、某有名歌手の方の前向きな歌にのせて、で、明るい気分で、舞台から離れることができたような気がします。

 

  駄句をおひとつ。。。

   開けむとす手を 推しとどむ おとし水

Img_20201218_235750_762

 

 

=== === ===

お芝居やライブ演奏、生での鑑賞には、今は限りがありますが、その分、素材の頒布や配信や動画の公開など、されていっているようで、遠くに住んでいるものとして助かっています。観る者として、そういう場をプラスに活用して、楽しんでいこうと思います。

| | | コメント (0)

鑑賞感想 書生節「第弐拾六回 今甦る書生節 〜道頓堀ジャズと書生節 其の弐」 🎻🎻🎻

 書生節、オンラインでリアルタイム鑑賞しました

上方書生節協會「第弐拾六回 今甦る書生節 〜道頓堀ジャズと書生節 其の弐」

 

事前告知では、

「大正時代道頓堀はジャズで
 溢れかえっていた
 生き残りを懸けて
 ジャズと手をむすんだ書生演歌師が
 いた」
と紹介されており、
それがなんのことかは、
聴いてみるまで想像つかず。。。でした。

中入り含めて約2時間のプログラム、曲目組合せの工夫で、あっという間に楽しい時間が終わってしまいました。

 

演者は、上方書生節協會の皆様、

 宮村群時さん(バイオリン、バンジョー)

 旭堂南海さん(バイオリン)

 桂文五郎さん(バイオリン)

 

そして客演、吉川裕之さん(クラリネット)

です。

 

 

《書生節で頭に浮かぶのは?》

 「ハハ、のんきだね」とかを

 昔から耳にすることは

 ありましたが、

 書生節にきちんと触れたのは

 二十数年前(たぶん)、

 講談の席の中で、旭堂南海さんが

 バイオリンを持って唱われたのを

 聴いた時でした。

  その後、書生節について、

  上方書生節協會さんの

  おかげで、だんだん親しみが
  増してきています。

  メロディにのせて、
  風刺や意見や物語を
  聴いていけるもの、との
  勝手な理解です。

  でも、書生節の公演を楽しみに
  待ちながら、自身の頭に
  浮かんできたのは、
  なぜか、奄美民謡のメロディです。

  奄美民謡「十九の春」、
  男性と女性の掛け合いで、
  故事を語り重ねていく内容の
  ものが
  有名かと思います。
  (神戸生まれのknasada、
   もちろんバタやん版もスキ)

  書生節のメロディ繰り返しでの
  語りと「十九の春」語りが
  頭の中で結びつき、
  この1ヶ月ほど、
  頭の中は「十九の春」で
  いっぱい、でした。

  あ、余計な話ばかり、
  となってしまい、
  失礼。。。

    ※知らなかったのですが、
     書生節の一節が
     十九の春の中にも

     出てくるそうです。

《オンライン公演》

 書生節、前回もオンラインで鑑賞しました。

 今回、レディオバルーンさんの配信協力、

 だそうで、音声がより高品質になっている

 ような気がしました。

 約2時間、配信の具合がとてもよく、

 スマホでの鑑賞、快適でした。

《上方書生節協會さんの芸風》

  書生節当時とは違う時代に
  暮らしている自身には
  上方書生節協會さんの
  書生節がまさにホンモノ、です。

  バイオリンの通奏中音(?)に
  のせて
  唱われる本歌、替え歌、は、
  クスリとチクリの繰り返し。。。

  宮村さん、ミュージシャンと
  思えぬ、
  言葉の引っかけ、オチ、が見事、
  頼りになるバイオリン通奏、
  です。

  文五郎さんの歌、うまくて
  聴きほれます。

  南海さん、長年の書生節歴が
  うかがえる落ち着きで、
  すれすれギリギリの風刺を

  繰り出されていました。

  そして、

  今回の編成は、

  バイオリン🎻と歌、
  宮村さんと南海さんのデュオ、
  文五郎さんを加えたトリオ、
  客演の吉川裕之さん
  クラリネットを
  加えたクァルテット。

  そして、
  宮村さんバンジョー🪕と
  吉川さんクラリネットの
  デュオ、
  歌もまじえて、
  と多様な演奏でした。

4_20210124185501

 

  書生節ゆえ
  アンダーグラウンドな
  中身には触れずに
  聞き取った曲名(?)から、
  曲の様子を少々。。。

 

  《オペレッタ?》

   軽快なリズム、軽やかなメロディ。

   歌詞は適度な辛辣さ?

 

  《東雲節》

   有名な某サイトなどで
   勉強してみますと
   1900年ごろに流行ったそうで
   端唄や演歌の類のようです。

   ♬てなこと・・・・かね~♪
   で落としてつないでいく感じでしょうか?

   ストライキがらみの由来もあった歌?

   

  《籠の鳥》《鳥取春陽》

   鳥取春陽という人が大阪での音楽の発展に寄与した、
   という事実が、今回の公演のテーマでした。

   籠の鳥、鳥取春陽さんのメロディだそうです。

   ~あいたさみたさに~ ってやつです。

   近年(?)では、藤圭子さんの名演が
   鬼気迫ってますね。。。

   まさに、大正演歌の儚さ??

 

      《It's a long way》

   戦いから帰る兵士が、帰り道長いなぁとの
   思いを重ねて、の歌であると、説明されていたような。。。

   もとは、英国の歌でしょうか?

   その故事から、歌詞、郷愁あるもののように思われます。

   米国の河の下流か上流か、ジャズ発祥につながる歴史は
   通説かたまっていないように思いますが
   ディキシーランドジャズにつながっていく息吹が
   感じられました。

 

  《TELL ME》

   この曲の起こりは、ラグタイムだそうです。

   ということは、最初はピアノでの演奏だった?

   ラグタイムの起こりやジャズへのつながりは
   後述のベーレントさんの本で、かなり読みこんだのですが
   今となってはほとんど忘れてしまいました。
   近年(40数年前?)では、映画「スティング」のテーマが
   有名ですね。
   クラリネットとバンジョーの素敵な調べでした。

 

  《讃美歌There is a light on the cross 遠き国や》

   1923年 東京での大震災由来の讃美歌だそうです。

   この日の講演は、神戸淡路の震災が起きた日付の前日、
   ということで、この曲を選ばれたそうです。

   神聖な気持ちになりました。

   また、近年の各地の震災、災害に深き思いを
   寄せた次第です。

   近年の例でいうと、神戸の震災の日は、朝、
   鹿児島 川内の自宅で、テレビ報道で発生を知りました。
    ※身内の所在確認程度が発生直後にできる精一杯。
     その後、若干落ち着いたころに、現地の某対策本部と連絡を
     とりあい、
     若干のお手伝い(手話通訳兼道案内)に、鹿児島から
     出向きました。
   東北の震災は、ジャカルタの事務所で仕事をしているときに
   同僚であるインドネシアの方々が、日本が大変なことになっていると
   教えてくださり、知りました。
   (インドネシアも、地震、噴火、津波、水害、に悩まされる土地、
    日本のできごとはひとごとではないそうです)

 

  《すたれもの》

   曲は鳥取春陽、詞は野口雨情だそうです。
    ♬わたしはこのよのすたれもの~♪

  《大阪夜曲》

   書生節、演歌がジャズにうつっていく過程の説明を
   されており、その初期は、ぜんぜんジャズと違うやん、
   ということだったと、わかりました

   夜曲といえば、服部良一さんの曲、
   蘇州夜曲(李香蘭の映画の劇中歌)が
   思い浮かびます。
   鳥取春陽と服部良一はつながりがあったと
   この日の説明で初めて知りました。

  《道頓堀の夜の川》

   穏やかな流れ、抒情を感じる曲です。
   資料もあまり残ってなさそうに思いますが
   レコードなどから採譜されたのでしょうか?
   すばらしい演奏でした!

 

  《●長の▽》

   今、記述してよい用語かどうかわからないので
   念のため、伏字にしました。
   この故事は実話だと聞いたことがあり、
   その舞台は、南洋のミクロネシアだそうです。

   この歌は、演歌の流れで、書生節なんですね。

  《ニューヨーク行進曲》

   見たことないニューヨークを思い浮かべて
   つくられた歌だったのでしょうか?
   それでも、メロディは洋風になってきており
   大阪とジャズのつながりがうかがえてきました。

 

 

《ジャズの話》

  上記の曲の感想でも触れましたように、
  大阪でのジャズの広まり、
  書生節からの移行、
  当初の大阪ジャズ(?)は、
  かなりの広義だったとの説明、
  実演、興味深かったです。

  公演タイトル説明にある、
  生き残りを懸けて
  ジャズと手をむすんだ書生演歌師
  とは、鳥取春陽という方の
  ことだそうです。
  鳥取春陽という方のことは
  この公演で初めて知りました。

  当時のジャズの導入、多様性など
  うかがってみて、
  考えたこと、思い起こしたこと、
  いろいろありました。
  (長くなるので省略)

  公演の最後のほうで、
  ジャズに近寄ってくる音、音、音、
  です。
  
  大阪夜曲、道頓堀の夜の川、
  ニューヨーク行進曲、
  明るかったり、沈んでいたり、
  の旋律に引き込まれたり、
  滑稽な歌や語りに引きもどされたり、
  のスイング(?、ストンプ?=盛り上がりやうねり)に
  若干ながら酔わされました。

  当時のジャズは新しいもの全ての
  飲み込み?

  そこに、吉川さんのさりげない解説が
  相まって、ラグタイム、ダンス伴奏、
  ダンス禁止での音楽が主役転身、
  など、変遷が想像できました。

  吉川さん演奏のクラリネットの音、
  独奏部分はもちろん、間奏、
  助奏、にさりげなく、
  素敵な音をはさまれていて、
  書生節に厚みを加えられて
  いました。

   ※ちなみに
    クラリネットの音が
    スキです
    低い音は閉じていても
    高い音に向かって開いていく
    感じが
    他の木管よりも
    はっきりしているのが、

    スキな理由です

 

《ジャズ発祥?》

  中学生のころ、わからぬまま
  必死で読み込んだ、
  ヨアヒム・E・ベーレントさんの
  「ジャズ」という本(油井正一さんの訳)、
  発祥地がひとつではなく、
  新大陸内の各地で類似の音が
  始まっていた、とか、
  ラグタイムからの流れとか、
  クレオール(クリオール)文化や気質との
  関係とか、混沌からの形成の様子が
  書かれていたと記憶。。。

  この本を実家で発掘できてなかったと
  思うので、最近、油井正一さんの

  著作を買って読み進めているところです。

 

書生節、これからも公演いろいろあると思いますので、ぜひご一聴を、と存じます。

 

| | | コメント (0)

備忘 1984年提出の卒論 仮題名「マネーサプライ調節、ハイパワードマネーと銀行貸出残高のどちらが有効か?」

卒論の手元コピーより備忘として

抜粋のテキスト書き起こしをしてみました

(なにせ当時の卒論は万年筆で手書きです)

 

 <36年前の卒業論文>

今とは時代が違います(アタリマエ)。理論は何度もの社会の変革やできごとを経て、大きく変わりました。一方、今でもやってることの根幹はオンナジやん、というところも少なからず感じられます。

1984年執筆の拙卒業論文は、経済データをホストコンピューター上で、統計解析ソフトウェアを用いて分析し、専攻テーマであった金融論の某課題を検証したものでした。今の感想など加えつつ、目次程度の抜粋をテキスト書き起こししてみます。

  当時の卒論あるある
   - 手書き、万年筆
   - 当然、テキストデータが
     ありません
   - 大学の図書館に、現物の紙を
     製本した原本保管
   - パソコン普及は
     まだまだの時代、
     パソコンが自由に使えず
   - ということで、
     データを扱うのは、
     大学の計算機室に鎮座の
     ホストコンピュータと
     でっかいプリンタが頼り
     (経済学で
      コンピュータ使って
      卒論書く人ごく少数)
   - グラフと表も手書き
     グラフ=プリンターで
         ライン連帳に
         印刷した文字を
         手と📐定規で
         結んでます
     表  =まさに手書きです

 

 

1_20210110184301

 

近年、データ解析が重要視されるようになっていますが、我田引水ながら、1984年当時、その気配となる研究を学校のTSS教室の端末を操作してやっておりました

 

 

 

 

卒論の手元コピーをみたところ、

まず、卒論題名がわからないことを反省。。。

(今後、時間があるときに、

 母校に図書館閲覧申請をして、

 題名を確かめるようにしようと思います)

 

 

ということで、仮題名「マネーサプライ調節、ハイパワードマネーと銀行貸出残高のどちらが有効か?」という論文について、自身のために構成など抜粋を備忘記録することとしました

 <今と昔の違い>・・・素人誤認含む解釈

  当時の通貨供給=M2+CD(譲渡性預金)
    今は違いますよね
    マネーストック
    「M3」:預金貯金は
        かなり広範囲な
        機関に(ここでは記載省略)
        現金と流動性が高い
        預金まで含む(記載省略)
           

        通貨保有主体の
        変更に伴い、
        マネーストック統計の 
        「M3」からは
        非居住者預金を除外
        
     ※詳細:日銀 統計に関する解説

  当時市場操作=債券市場での売買程度
    今は、株式やETFも?
    為替操作が今ほど
    弾力的ではなかった?

  当時のデータ分析=前述のとおり
    大きな計算機
    単回帰でも時間かかってました
    今は、パソコンで多変量回帰とか
    層別とか、移動平均とか、
    あれこれ試すのも短時間です

  日銀や大蔵省の考えや行動=
    今とは情報公開やリリース発信
    の考え方や頻度速度が違ってました
    論文に取り上げるには
    追いかけづらかったですが
    発行物や出版物を
    できる限り読み込みました

  今や理論が違う!
  当時のマネタリズムは既に
  敗北宣言済み?
  でも、通貨が経済に与える影響は

  今も重要?

 

 

2_20210110184401

 《論文要旨と主張》

 

◇前提は、「経済政策として
 マネーサプライ調節が有効」ということ
◇マネーサプライ調節に何を用いるかを論じた
◇マネーサプライ調節方法には
 まだ確たるものがあるとは言い難い
◇教科書としての伝統的通貨供給理論、
 中央銀行の考え、を
 統計データを利用して検証した
◇主張1: 伝統的通貨供給理論は、
 修正を加えることで(修正ハイパワードマネー)、
 現実と整合し、精度が高くなるので、
 マネーサプライ調節に有効だと言える
◇主張2: 中央銀行が用いていた銀行貸出残高は、
 マネーサプライ調節に有効だと言える
◇主張3: 銀行貸出は民間金融機関の意思により
 決定されるが、
 修正ハイパワードマネーは直接的な操作が
 可能で、マネーサプライ調節にも有効で
 あることから、マネーサプライ調節には
 修正ハイパワードマネーのほうが望ましい

3_20210110184501 4_20210110184501 5_20210110184601 6_20210110184602 7_20210110184702

 ◇修正ハイパワードマネーH'・・・独自

 ハイパワードマネーから
 準備預金の影響を
 控除した数値
 修正貨幣乗数m'も
 同様に算出

◇注として、これら分析は、
 前提条件が限界だらけで
 実経済モデルに
 落とし込むには
 因子が不足のままの

 執筆だったようです

 

 

 

 《論文の構成、目次》

題名(仮)「マネーサプライ調節、ハイパワードマネーと銀行貸出残高のどちらが有効か?」

目次

 はじめに
 第1章 通貨供給機構の検討1
     ~伝統的な考え方
   第1節 伝統的通貨供給理論
   第2節 伝統的通貨供給理論に対する分析
    2-イ) ハイパワードマネーとマネーサプライの定義
    2-ロ) ハイパワードマネーとマネーサプライの関係
    2-ハ) 貨幣乗数mの動き
    2-ニ) 修正ハイパワードマネーの導入
   第3節 伝統的通貨供給理論の現実への適応
     結論1~6
     主張
   ※第1章 統計に関する注釈
     主な指標と出典
第2章 通貨供給機構の検討2
    ~日銀の考え方
   第1節 通貨供給調節に対する日銀の考え方
   第2節 日銀の考え方に対する分析
   ※第2章 統計に関する注釈
第3章 ハイパワードマネーか、銀行貸出残高か
   第1節 H'とFの比較
   第2節 対M比率の比較
   第3節 ハイパワードマネーか、
       銀行貸出残高か
8_20210110184801 9

 《使用ツール、使用した主なデータ》

 計算機:HITAC-M 180
 ソフトウェア:XCAMPUS(大学用多変量処理拡張システム)
 統計データ:日経NEEDS 総合経済ファイル

 データ期間:1955年1月~1984年2月

 

 《今思う、もう少しこれをやれたなら》

◇準備預金の影響を錯乱因子と
 みたのなら、
 ここに注目した突っ込みも
 少しやりたかった
 後年知ったS/N比を使うのも面白そう

◇限界だらけであっても
 モデル構築を
 もう少し仕上げたかった
 大きく拡げ過ぎずに
 小さいものから育成?

◇論文の書き方、
 もうちょっとなんとかなったはず、
 当時、論文書法の講座はなかった

 就職してから
 某先生に教えていただいた書法で

 書き直してみたい

 

 《振り返りから今に生かすもの》 

 

今は、ツールもデータも揃い、
処理速度も速い。

今扱うデータは経済データとは
全く違うものですが、
現在の恵まれた環境を
活用して
データの見方使い方を、
もっともっと工夫せねば、と

思いました。

 

 

 

 

 

 

   

| | | コメント (0)

12年前 丑年の1月。。。2009年

 

前の丑年、

中国 吉林で

正月を迎えていました

 ※正確には旅行先の

  紹興にて。。。

Daiuryou_2

 

吉林を離れて、11年半くらい経ちました

| | | コメント (0)

運動姿勢の修正

時節柄、行き来も含め、

人との距離やマスク着用、

頻繁な消毒など気をつけて

野外での運動、時々、やっています

 

残念ながら、手術以降の

運動再開では

フォームが崩れているのか、

不調が続いています

 

フォーム修正すべく、

教室の先生にご指導を仰ぎました

 

教室での動きにおいては

復旧できました

 

本番で

忘れないよう

行動に移せるよう

にしたいです

  1- 重いものをゆっくり持ち上げるように

   動く

 

  2- 手首を柔らかく動かしていく

 

教室での練習中、ずっと

マスクを着用していました

 

時々、少し開けて呼吸確保、

水分補給、でしたが、

伸縮性あるマスクは

運動時も快適でした

  ※スポーツ用とは名乗れないようで

   ファッションマスクという名でした

   ブランドマークは

   教室とたまたま同じ

 

Photo_20210105181701

 

 

 

 

| | | コメント (0)

ホームページの h t t p s 化

   ※自身の note 記事と同じ内容です※



素人ながらホームページなどいじくってまして、最近、「保護されたページでは・・・」という表示を改修すべく、レンタルサーバーのサービスを利用して、“h t t p://” を “h t t ps://” に変更しました。サーバーのサービスにより、この作業はとても簡単でした。

「保護されたページでは・・・」の表示も解消されました。各ページ本文に残っている「“h t t p://”」記述は書き換えが必要なのだとは思いますが。。。

その後、対象ページを検索してから、リンクに移ると、まだ「保護されたページでは・・・」の表示です。検索表示の上位は古いものが上がりがちなのでしょうねぇ。検索サイト側で何かやってもらえるわけでもなさそうなので、何か手を打ちたいなと調べてみると、ありました! .htaccess というファイルを作って、あるテキスト列(詳しくは、信頼できるサイトの記述を参照くださいませ)を書けば(既存ならその先頭に追記)、httpsにリダイレクトしてくれるそうです・・・詳しいことはよくわかりません。スミマセン。

実際にやってみると、ちゃんと南京錠🔒️マークが出ました。古いhtmlで、余計な痕跡がまだまだ残ってるかも知れず、完全に安心とは言えませんが、少々 前に進めたのでは、と思います。よかった。。。

Photo_20201228203301

| | | コメント (0)

正月過ごし方

Photo_20210104173601

 

昨今状況から控えめに過ごしています

 

運動不足も少しは解消すべく、

短い時間での散歩がてらの参拝、

Photo_20210104173602

 

ジムで60分自転車こぎ、などです

 

 

ジムでは300キロカロリー程度消費、

エアロバイクの距離は20キロ弱でした

ジムではマスク着用しての運動でした

Photo_20210105181701

スポーツ用のマスクを試してみたところ、動きやすくて呼吸がしやすい気がしました

 

 

Photo_20210104173701

 

_

 

 

| | | コメント (0)

新年ご挨拶 🎍  🪁🪁🪁

Gratefully saying the words, “a HAPPY new year!” and wishing your health and success...

 

Selamat tahun baru. Semoga sehat dan sukses...

 

《毎年使い回しの言葉でスミマセン》

  顺风顺利好一路

  恭喜恭喜好新年

  回来到家好幸福

  一家快乐好团圆

  希望这新年 大家万事如意

     工作顺利 身体健康 🐮

(大意:

  この道を順調にすすんでいけるよう

  新年をよろこび いわいます

 

  ふるさとにかえりつけることのしあわせ

  そろって なごめる日を思いつつ

 

  新年、皆様全てがうまくいくように、

  仕事がすすみますよう、

  健康で過ごされますよう、

  いのります)

1_20200506095601

  ※写真は記事と関係なく

   某所のお庭、

   ジョギングコース🏃‍♂️🏃‍♂️🏃‍♂️

 

本年もよろしくお願いします

 

  ※ note もやってます(記事重複あります、ご容赦ください)

   https://note.com/knasada

| | | コメント (2)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »