« 病人の自炊 | トップページ | 北京 アフリカ会議で交通規制? »

7ヶ国語手話の本

いや、すごい本があるものです。

7ヶ国語の単語に手話イラストをつけてくれており
読みやすい。

ワーキンググループの方が
自主的に出版されているようで
一般に市販はされてないかも
知れませんが、販価は1500円です。

日本の自宅から送ってもらって知りました。

日本にいる家族(妻、子供2人)は最近、
私の会社の手話講習会に行ってるようで、
そこで教えてもらったのでしょう。

この本を見ていると、
日本と韓国の手話はよく似ていて(ほぼ同じ?)、
中国の手話も考え方、動きが似ているのがわかります。

マレーシアの歌手、「王光良」という人の
PVにも手話が出てくるのがありますが、
あれは、台湾の手話でしょうか?
字幕と合わせて見ると、なんとなく、
意味がわかるように思います。
(約定という曲のPV、一般に売られているVCDにも
 短いバージョンが入ってると思いますが、
 テレビで時々長いバージョンを放映していて、
 そちらは小芝居が入ってるところに手話がたくさん
 出てきます)

7ヶ国語手話を執筆されたグループは
本拠が箕面市桜ヶ丘、
私のもと自宅の近所です。
ご近所でこのような偉業をなされたことに
驚くとともに、敬意を表します。
中国でも機会があったら覚えて使ってみます。
(中国語ができない私は、
 日常ボデーランゲージに
 日本の手話表現をけっこう使わせてもらい、
 大いに役立ってますよ)

| |

« 病人の自炊 | トップページ | 北京 アフリカ会議で交通規制? »

語学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7ヶ国語手話の本:

« 病人の自炊 | トップページ | 北京 アフリカ会議で交通規制? »