備忘 受講テーマ記録

備忘、4/8月曜 受講テーマ記録です。

4時限 15:30-17:00 不正競争防止法(初回/全8回)

6時限 18:30-20:00 特許法・実用新案法(初回/全15回)
         (特許権、実施権、権利侵害)

教材への書き込み、手元ノートへのキーワード記入などで、記憶に少しでも留められるよう努めました。

画像

| | | コメント (0)

新生活のプレッシャー( ^_^ )

新生活始まることも多い4月、変化に慣れるまでのプレッシャー やはりあります。プレッシャー対応力強めで何でもテキトー 中途半端のワタシも 慣れるまでの間は慎重に行動しています。

新生活でやはり気になるのは日々の始動と移動、そして撤収と解散と締めです。スマホ頼りで 使ってなかったマイウォッチを取り出し、腕に巻き付け、定刻より早め早めの行動をしてます。
曜日によって始動と移動の時刻が違ったり、新生活の提出物の締切が4月は多過ぎたり、頭と手足がパンク気味ではあります。

学校や 就労可能時間帯での職探しなどの当面のスケジュールが見え始めたので、生活パターンを仮置きしました

 



【春~夏 就学パターン 曜日別】
    ※下記以外の時間帯にて求職活動します
月 午後移動、午後~夜 受講
火 朝移動、日中 受講
水 夕方移動、夜 受講
木 夕方移動、夜 受講
金 夕方移動、夜 受講
土 朝移動、日中受講
日 学校行かない日、でも予定詰まり気味

日々の定刻、当面の締め切りモノに注意して、求職活動と学業、ふだんの生活や趣味、続けていきます。

 

6507815f32e74524a17c8e758670de74



| | | コメント (0)

入学式とガイダンス

ベタなタイトルでスンマセン。2024年4月4日 木曜 入学式に行ってきました。入学式のあとの 研究科ガイダンス 12:30~18:00にわたる丁寧な中身で 助かりました。しかも、居残り質問ありで19:30まで先生ご指導受けられました。対応いただいた学校と研究科の事務局の方々、先生方、上級生の方々に感謝!

 

入学宣誓式

2024年度 新入生は学部1800余名、院300余名でした。所属する研究科の1年生は30数名。全学部、全研究科が一堂に会しての式は5年ぶりだそうです。式本番は朝10時開始の後30分くらいの間に着々と進み、開始20分前の集合、開始50分前の開場、で、自身の会場拘束時間は80分ほどでした。とは言え、交通機関の乱れがあるかも、とのことで早めに出発したので、自宅発7:30、会場到着9:00、入場9:15といった実績です。開場前は、会場入口の写真とったり、傍らの河川堤防をぶらぶら歩いたりしてました。式の前から式にかけて、マンドリン、ウィンド(吹奏楽)、の学内団体の方々が厳かかつ心地よい響きを加えてくださっていました。

画像
入学しました

 

画像
会場 総合体育館
画像
会場内
画像
式次第

 

ガイダンス待ち時間

式終了は10:30、所属研究科のガイダンス開始は12:30、2時間の待ち時間を学内で過ごします。学内団体の新入生向けオリエンテーション(勧誘イベント)をチラチラ見るのも楽しいのですが、学連出場権もすでに消滅している社会人院生、学業に注げる時間も限られているので涙をのんで横目で見ながら通り過ぎます。
教育棟の共用テーブルに座って、このじてまでの受領書類や提出書類を確認しました。ガイダンスまでに昼食とっておくように、と説明されたので、学食にて 鳥唐揚げの丼450円なりをいただきました。米飯の量が青春サイズ、しまった! でも、おいしく完食しました。

画像
その名は たぶん 唐揚げ丼だったと。。。


腹ごなしに学内外をぶらぶら散歩しつつ、学部の教科書販売風景を見たりしてました。
43年ぶりの入学式と新歓ガイダンス、前回の入学式(単科大学)では学部1学年430名、院1学年の人数も少なかったので(何名か当時把握せず)、その4倍強の規模の今回の式にキョロキョロ。3キャンパスのうちの1キャンパスに集結して、限られた空間でのイベントであり、動きやすいのもよかったです。

画像
教科書販売会場がある地区 桜満開
画像
咲きほこる枝
画像
桜 寄ってみた

 

ガイダンス その1 全体編

ガイダンスその1は大学事務局(学生課、教務課、厚生課)、研究科、各委員会、など、休憩時間もそこそこに12:30~16:00までの3.5時間でした。
ここでの入手情報は、前期後期の時間割、研究科の要覧、通学定期券の手続き、学内ポータルなどのITツール、就学するキャンパス2ヶ所での施設利用方法などなど。説明拝聴しましたが、ひとつひとつやってみないことには、ひっかかるところつまづくところがどこかわかりません。このあと時間をかけて、ひとつひとつやっていきます( * ॑꒳ ॑*)
特に学内ポータルや履修登録システムへのログイン、履修申請、各キャンパスでの自習場所確保など、今週来週で急いで進めねばなりません。

 

ガイダンスその2 履修指導

昼夜とオンラインの中から設定する履修登録、具体的な方法について迷子になる学外新入生一同(勝手に代表コメント)、履修指導の先生、研究科の先輩をお頼りするばかりです。
ガイダンスその2は、指導いただく先生のお部屋まで移動して、16:00~16:20まで、学内システムへのアクセス方法を確認できました。具体的な履修要領がまだまだわからないので、ガイダンスその3のあと、先生に質問させていただくこととしました。

 

ガイダンスその3 院生交流会

今回の入学式を機に長らく開催できなかった研究科全員の交流会を復活していただき、この場での先輩や先生への質問、全員のひとこと自己紹介など、わいわいと過ごすことができ、楽しかったです。同学年の方々、学内進学者が多いのは大学の統計データ提示で知っていたのですが、この場ではさらに学内進学の方々の少なくない人数が早期進学(飛び級)だと知り、驚きました。年間の取得単位数に限りがある現制度下での飛び級、素晴らしいことだと思います。
ワタシの学生時代は年間の取得単位数に制限はない時代ではありますが、2年間で単位終了して、3年生4年生は卒論のデータ作成と部活に注力していました(学校には月曜から土曜まで毎日居ました)。飛び級あったら3年卒業できてたと思われます。文系で院に進むことはあまり考えなかった当時、飛び級してもしかたなかったんですけど( ^_^ )
院生交流会 今後に続けていけることで、いろんな背景を持つ幅広い世代の方と公私混じえた会話や交流がしやすくなり、心強いです。

ガイダンス居残り 履修計画検討

明日からどうする? 次の火曜が締切の履修申請どうする? の状態、交流会終了後、指導の先生に居残り質問をお願いしました。必須科目、1年次、2年次の振り分け方などご指導いただき、当年度の候補科目を選定できました。年次の履修申請上限は36単位、ざっくり換算18科目、セメスター平均9科目です。候補リストアップでは、セメスター12~14科目でした。前期後期それぞれ数科目削減必要だと判明しました。オンライン受講設定ではなく、現場受講申請し、技術展示会など関連情報調査に行く際などに臨時のオンライン受講を試してみたいと思います。
現場受講は昼と夜を選択できるので、前後の講義の組み合わせで、夜受講の日と昼受講の日を振り分けることにしました。

履修登録完了までは、キャンパス2ヶ所で想定科目の受講を開始しておき、その間を利用して事務局での手続き、先生への相談など進めていきます。

履修登録:4/9火曜 完了
昼夜振り分け:4/10仮始動

番外編 定期券購入

ガイダンス内での通学証明書類完成をもって、鉄道会社へのオンライン予約完了し、当夜に定期券券売機で通学定期券購入完了しました。入学式翌日からの定期券利用開始としました。鉄道会社は2社乗り継ぎですが、デジタルの定期券、一方の鉄道会社1ヶ所で2区間含む1枚の定期券となりました(前職の通勤定期と同じく、IC交通カード裏面に定期券記載)。

| | | コメント (0)

学校の下見

入学式目前ですが 学籍も発効しましたので、学校下見を兼ねて事前の情報収集に出かけてきました。

 

通学時間確認

自宅出てから学校最寄り駅まで50分でした。
学校最寄り駅から講義ある教室付近まで徒歩20分でした。キャンパスまでは15分かからないくらいです。
電車は、自宅から乗り換え駅改札入場まで30分くらいでした。

教科書リスト入手

自分の学科そのもののリストはないのですが、類似コースのリストを1枚いただいてきました。リストは教育棟の中、コースごとの箱に置かれていました。教科書リストは、どのような講義がなされるのかを想像したり、書籍費用を考えておくのに役立ちますり

教科書販売場所確認

少し離れたところにある建物の所在を視認してきました。
桜🌸咲いてました。

健康診断場所確認

健康診断する教育棟を確認しました。正門のそばでした。

入学式会場確認

会場は、正門から少し離れた場所にあります。移動時間を把握できました。
自身の入学式は43年ぶりです( ^_^ )

校舎裏側?のグランドなど散歩

せっかくなので、キャンパスまわりを散歩しました。

このあとの日程は、健康診断の日、その次の日が入学式とガイダンスの日です。Img_8058

| | | コメント (0)

3月までの仕事、そして4月から

3月に前職から引退し、4月から就学します

 

4月1日から学籍ができました(ただし 学籍番号は入学式の後に判明します)

 

3月までの仕事について、そして4月からの就学の方向、短めに掲載してみました

言わゆる退職エントリの代わりにもなるかと。。。

 

リンク先のnote、参照くださいませ

 

 

Img_8066

| | | コメント (0)

61歳での退職後の手続き記事

ブログ20周年まつり 頻度上げた投稿見ていただきありがとうございました

次回は2年後 22周年の開催を考え中です

その節はよろしくお願いします

 

ブログでは日頃の様子を、noteではノウハウ記録や感想を、と棲み分けゆるくやります

双方のリンクもしていきます

 

noteに 61歳 退職後の手続きの様子を書きました

 

手続き行き来 近道の参考になるかもですぜ(笑)

 

662899ad858c4d0b94cacd1364514670

| | | コメント (0)

まなびの理由 原文版

長文、堅苦しい言葉遣いですみませんが、以前に伏字でnoteに公開していた学びの理由、原文を掲載します

昨秋時点の情報のため、未更新部分がありますことご容赦くださいませ

 

タイトルは

専門職大学院での学びを活かした自身のキャリア形成プランについて

です

 

===引用 学びの理由 小論文原文ママです===

・要約

 知的財産について学ぶにあたり、知的財産に目を向けた理由、自身と知的財産の関わり、やってみたいこと、キャリア形成への期待、をあらためて整理してみた。市場競合で優位に立つために知的財産を活用した攻めと守りを自らの経験の中で意識するようになっている。今は小規模の企業で知的財産を効率よく扱うにはどうするかという課題に向き合っていることからも、市場競争の中での知的財産の活用について学んでいくつもりである。

 

Photo_20240317083801

 

1-なぜ知的財産?

 これまでの製造業での業務経験を通じて、技術、知見による競合との差別化が重要と感じることが多く、知的財産を活かした攻めと守りを意識するようになった。

例えば、知的財産という括りにこだわらずに考えると、製造業では目に見える製品とサービスやアプリのインターフェース、目に見えないソフトウェアや通信技術などを組み合わせて、市場競争で優位に立とうとしている。ところが、先端技術による製品を競合他社に先駆けて発売しても、市場で先行している期間に計画販売量に到達しないまま、競合から二番手製品が発売され、二番手以降の製品のほうが販売量を稼ぐといった例も見受けられる。競争相手が先行製品をじゅうぶん研究した上で二番手製品を投入できていることも一因と推測される。先行して製品を市場投入するよりも二番手を狙ったほうがいいのではという疑問も出てきてしまう。そこで先行製品の守りの手段のひとつとして、知的財産権活用や秘密保持による二番手以降の追従阻止ができるのかどうかと考え、知的財産に目を向けるようになった。

 

2-自身の知的財産との関わり

 知的財産について、これまで所属した2社の業務で必要な範囲を企業内の教材や一般書籍を通じて独学してきた。担当業務で知的財産に触れたのは、生産システム開発のためのハードウェアの調査、広報広告宣伝に用いる情報が権利を侵していないかの調査、自社が持つ知的財産や公表済み情報の広報活動や販促物制作への活用検討、などといった場面であった。また、近年通算15年ほど関わっている広報広告宣伝において、特許出願のほかに、他社に先行した情報を発表することにより、自社の優位を顧客や業界内に訴求する方法も併用してきている。さらにビジネスモデル特許の出現により、工業技術の分野だけでなく、事業やサービスそのものの知的財産権についても考えるようになってきている。

実は国内営業部門に所属している時代に、情報通信と営業活動の組合せを検討するプロジェクトに参加していたことがあり、その際に共同で実用新案を1件出願した経験がある。電子技術担当者と自身で通信を利用した用途を考案し出願した経緯である。出願業務自体は知財部門が担当してくれたため、自らはアイデアの考案と、共同出願者とともにカギとなる文章をまとめるだけで済んだ。結果は権利取得とならなかったが、営業部門からでも特許や実用新案を出願できることに驚くとともにワクワクした瞬間だった。

 このような経験、業務の中での関わりがあり、知的財産について考える機会が増えてきた。また、現在所属している会社に転職した後、営業部門と開発部門との距離が近く、開発関連の業務へも意見を述べたり、特許出願要否の議論にも加わったりしている。

 

3-これからやってみたいこと、キャリア形成への期待効果

 知的財産との関わり、営業や広報広告宣伝、の中で感じてきた課題の解決に、習得した知的財産に関する知識を用いて貢献したい。例えば、情報の開示/非開示の決定、国内での営業一線での優位確保、海外での模倣防止、海外企業との競争での優位確保、ソフトウェアやビジネスモデルの扱い、などが課題として挙げられる。また、これら課題に向き合う際、規模が小さな企業での対処は、規模が大きな企業とは違うと感じる。小さな企業なりの効率良い方法、優先順位の付け方を実践できれば、と考えることが多くなった。日本企業が世界での存在感を高める一助として、同じ悩みを持つ企業、課題に気づくに至っていない企業、など小さい規模の企業でのこれら課題解決に役立てる力を身につけたい。

 そこで、これらやってみたいことを実現するための学びのイメージをいくつか考えてみる。第一に知的財産各種類の詳細について学び、深掘りして知識を習得するということである。実務上の疑問の解決方法を見つけるために知識習得、基礎を学ぶこと、疑問に基づく深掘りが必要であり、身につけることを期待している。具体的には、知的財産各種、営業秘密、情報公開や広報発表、それぞれのリスクや利点を学びたい。これにより、技術や製品の開発だけでなく、営業や広報の活動においても競合との差別化をしていけると思うからである。

第二に大学、大学院という場を利用して学際領域を含む幅広い刺激を受けることである。ビジネスにおける知的財産有効活用には、対象とするハードウェア技術、ソフトウェア技術への基礎理解が必要と考えており、幅広い学科、研究科を有する教育機関に居ることで、必要な科目を聴講できたり、先生方からのご教導を受けたりできたりするのは、企業の中だけではできない貴重な機会である。また、学びの場に集う学徒の方々との交流を通じた刺激享受も楽しみである。これらの刺激により、新たな事業を考えたり、仕事の仕方を変えたり、自身のレベルアップを図れると思う。

第三に、学校が持つ情報アクセス力を活用することである。幅広い情報を収集し、自らの考えをまとめていくことである。もちろん、企業の中にいてもある程度の情報収集ができる時代になってはいるが、学校にある情報ツールや図書館を用いて、研究という立場で幅広い情報に触れて考えることは今後のキャリアにプラスに作用すると確信している。多くの情報を学校の学びを通じてデータを分析したり、考えをまとめる際にも、在学していること、学校にあるツールの活用ができることによる効果を大いに享受したい。実は、今から40年前、経済学科の学部生として金融データの解析に取り組んでいた際にも大学にある電子計算機、統計解析ツール、経済データベースにアクセスできたことで、研究を進めることができ、在学の有難味を感じていたこともあり、社会人として学び直す際は、情報アクセス力に優れた教育機関を選びたいと考えてきていた。自身にあった学びの場に出会えたことを光栄に思う。

 

5―まとめ

 ここでは、知的財産専門職大学院での学びの目的、目標、キャリア形成を考察した。

 学びの目的は、知的財産を活用した小さな規模の企業の競争力向上への貢献、である。学びの目標は、知的財産知識の深掘り、つまり、ビジネス実践への活用ができるレベルへの到達である。キャリア形成に関しては、情報収集、知的財産活用実践、ができる人材となることで、高年齢であっても社会に引き続き貢献していける人材になることを目指したい。これからの学び、研究、実践、に期待が膨らんでいる。

| | | コメント (0)

新型コロナワクチン6回目

昨夜新型コロナワクチン接種6回目でした

 

副反応はそれほどひどくなく、左腕の筋肉痛くらいだったのですが、さきほどから寒気がして体温上昇

 

解熱剤飲んでしばしおとなしくしてます

 

Photo_20240314120901

 

| | | コメント (0)

名刺って

8fca9d520ffa42fcadb0afda4f9a1999

日本、仕事の中では名刺使うのが今でも標準のようです

 

オンライン名刺の利用や、そもそも名刺ではなく作品集をどこかに置いて紹介したり、プロフィールを実名でSNSなどネットで公開したり、変化の兆しは感じます

でも、名刺がないとアクセスしにくいところや、会社などの組織傘下にいることのラクさ、もあるんですよね

 

会社員もうすぐ辞めて、そのあとの自己紹介方法、名刺以外にどうしようかと考えましたが、名刺出して済む話だったら、どうしてもの時に名刺みたいな紙を出せばそれでええやんともなるわけです

 

無所属期間の紹介カード、作ってみておきました

 

また、名刺管理アプリの新所属登録もこれでできました

ここへんの詳しい話はまたの機会に。。。

 

 

あ、ブログ0周年まつり。。。この記事も20周年にぎやかし隊です

 

 

 

| | | コメント (0)

22回目の引き継ぎ

1985年に就職してから ほぼ39年経ちました

今月半ばの仕事一旦引退に向けて昨秋頃から徐々に業務引き継ぎしてきています

引き継ぎ詳細内容を申し上げることはモチロンできませんので、ここでは引き継ぎ一般論をお少し考えてみたいと思います

 

自分の業務引き継ぎ(渡す側)回数を数えてみました

 

細かく言うとさらに増えますが大雑把に言って今が22回目でした

39年間の製造業勤め、所属した部署は16ありました(これも数え方によってもう少し増えます)

引き継ぎの要、個人解釈では

  組織のルールに組み込めているか

  ITなどシステムに組み込めているか

 組み込めていないものは手元文書化できているか

 組織内のヒトにノウハウを身につけてもらえているか

 やり方わからないときのヘルプ方法を組織とヒトが覚えられたか

です

 

できるだけ、そのようになるよう引き継ぎ進めてきているつもりですが

やりきれてる自信もないのが現実です

上記の項目それぞれに課題あり、例えば文書化は対象選択やその深さ、日常の業務の中でどこまでできるか、困難さを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

文書化だけにこだわると、本来の業務目的や目標がおろそかになる恐れもあるのがヒトの容量限度からわかると思います

 

日頃からここをわかりつつ、ルール化、組織化、文書づくり、ヒトづくりを進めておきたいなと引き継ぎのたびに自省しています

 

今はデジタル化の恩恵で、文書やポータルリスト、検索しやすくて、リンクもできて便利だなあと引き継ぎしながら思いました

 

 

E9593e6ab0eb461cbb6bc6c722c032d7

 

このブログ、3月で20周年迎えました

ご愛顧に感謝です

 

====備忘 引き継ぎカウント対象部署やプロジェクト===

生産システム/生産企画

資材管理システムプロジェクト

某物流システムプロジェクト

某製販情報関連プロジェクト

某工場開業準備プロジェクト

国内営業企画

某社某店営業担当2種類

国内販促

某社某店 店長2箇所、全県営業企画

国内店舗業務改善プロジェクト

国内営業企画

国内地区SV

某国 製造会社、販売会社

某国 チャネル管理

国内関連会社基幹システム導入プロジェクト

国内海外営業(部品サービス、製品、業界広報宣伝)

 

======

 

 

 

 

| | | コメント (0)

うすれる記憶、思い出せない言葉増える

年々忘れっぽくなったり、ウッカリ増えたり、忘れ物したり、思い出せないこと増えたりしてます

昨夜から今朝にかけて思い出せなかった言葉は、トニセンとカミセン合わせて何というグループ名だったか、でした

今朝 家族に尋ねてやっと思い出しました

 

また、熊本に明治政府が置いた機構名を忘れてしまい、某神社の縁起から鎮守府だと思い込んだのですが、よくよく調べると鎮西鎮台でした

海軍と陸軍の機構名の取り違えをしてしまったようです

 

そして今、今日の昼間 思い出せなくて困ってた言葉ごなんだったのか自体を思い出せません(笑)

 

メモが手放せない毎日、これに加えて答え探しを加速するウェブ検索。。。

つかえるものは使って、思い出すことを楽しみたいと思います

 

Best-love-memory-photo-instagram-post

| | | コメント (0)

福井駅 東口から一乗谷 復原町並に

 

 

 

福井駅から一乗谷 朝倉氏の城下町跡に出かけてみました

 

鉄道を使ったりバスを組み合わせたり、いろいろ行き方あるようですが、利用した北陸本線の到着時刻から便利な朝10時発の直行バスに乗りました

 

福井駅 東口に、キレイな絵が描かれたマイクロバスが停まっていてすぐわかりました

一乗谷には何ヶ所かバス停があり、手前から歩いて回るには博物館前で降りるのが便利なようです

ワタシはその先もう2つ進み、復原町並(バス賃680円、1日券を買う時間余裕持てずでした)で降りました

 

降雪、うっすら積雪の一乗谷 かつての繁栄の様子を思い浮かべながら、礎石や庭園を目に刻みました

逆順で回り、一乗谷川沿いに下る散歩を楽しみ、博物館の展示、遺構現場展示、復原お館など拝見できました

 

鉄道利用なら一乗谷駅で降りて、博物館~下城戸跡~一乗谷レストラント~遺構まわり~復原町並み~上城戸が健脚コースかと思います

 

さらに健脚な方は尾根の城跡目指したいところ。。。

 

Img_7075 Img_7121 Img_7117 Img_7114 Img_7092

小旅行で過ごしている3月初め、このブログ20周年を迎えることができました

これまでのお引き立て感謝です

 

これからもよろしくお願いします

| | | コメント (0)

某 学校 入学手続き 備忘

某学校入学手続き備忘です

 

・以前から狙っていた学校、

 そろそろ入学しようと毎年準備してました

・昨年まずは入学説明会にて詳細や疑問点を確認

・4陣ある入試、2陣と3陣での合格を画策

・2陣受験前に、入学個別説明を申し込み、

 先生から多くの貴重な情報をいただきました

・2陣入試、受験申し込み、事前提出書類や写真準備を経て提出

・事前提出のうち、入試審査対象は、職歴書と小論文

・受験票受領し、学校での面接試験(10月)

・2陣入試にて合格(11月)、入学手続きその1は入学金納付

・入学手続きその2(2月末~3月初め)、前期学費納付

 入学書類受領(2月下旬)→現在作成中

・入学手続き書類で、留意点は、保証人確保、風しん予防接種記録、

 はしか予防接種記録。。。

・4月の学校健康診断、入学宣誓式に向け待機中←今ココ

 

個人証明写真は、いろいろ必要になるので、有効期間に気をつけつつ、定期的に準備しておくと手続き円滑です

もちろん必要都度撮影するのがムダなくてよろしいです

 

Zoom

 

ということで入学待機中の3月、このブログ 20周年を迎えました

学びの様子は、このブログや noteで少しずつ公開してまいります

これからもよろしくお願いします

| | | コメント (0)

サンダーバード号さん ごくろうさまです

いよいよ運行終了となるサンダーバード号 敦賀-金沢 間

急いで乗ってみました、大阪-福井

ワタシが月に何度か福井を訪れて仕事してた2005年頃、サンダーバード号さん始め、琵琶湖東西を走って北陸に向かう特急の皆様に大変お世話になりました

 

運行開始迫る新幹線、久しぶりに訪れた福井駅の変貌 驚きました

 

新幹線で東西移動がより便利になって福井周辺に良い影響があるといいなと思います

 

235659c5e530465da1874b98bd956d15

 

Img_7073 Img_7199 Img_7201 Img_7219

 

今から21年前、2025年頃 約5ヶ月間、北陸3県と岐阜県を担当して仕事していた頃 懐かしいです

おかげさまで、その頃始めたこのブログ 3月で20周年となりました

これからもよろしくお願いします

 

| | | コメント (0)

サンダーバード5号 運転区間短縮前に滑り込み

サンダーバード5号 運転区間短縮前に滑り込み

福井 一乗谷を目指します

3/16?からだったか、敦賀以東(以北)は新幹線🚄になるそうです

 

  ※当ブログは2024年3月 20周年を迎えました

   これからもよろしくお願いします

Img_7036 Img_7037

| | | コメント (0)

このブログ 全盛(?)期  中国の地方都市在住時代

本日2024年3月8日 このブログ 20周年を迎えました

読んでいただいている皆様 ありがとうございます

 

せっかくの記念日、今日は他のプラットフォームの更新はサボりまして(もともとサボってます)、

このブログに複数本投稿しますぜ

 

このブログ 小さな盛り上がり期は 2006年から2009年 中国住み実質3年4ヶ月でした

739e919d52ca49c4a10142c5ceb40431

その地方都市に訪れる方が多かった時期にあたり、土地での過ごし方など読者みなさまに喜んでいただけたようです

 

また たまに中国国内の別の都市に出かけることもあり、その様子を拙くお伝えしたりもしてました

| | | コメント (0)

宇都宮ふりかえり ブログ開始20年前よりも前

ブログ20周年まつり どんどん投稿失礼します

 

739e919d52ca49c4a10142c5ceb40431

さて、いろんな地域での見聞を主に文章でお伝えしようというこのブログ、これまで住んだ土地の投稿思い出を少々。。。

 

宇都宮、住んでたのは1998年から2003年 5年間強でした

ジャカルタで宇都宮系のお店を見つけて喜んだこともありました

寿司、とんかつ、焼肉。。。

 息子たちは幼稚園または幼稚園前~小学校低中学年を栃木県で過ごしました

 

関東平野、広くて平たくて便利でした

でもクルマは必需品でした

水がおいしかったり、いろんな産物を味わえたりしました

| | | コメント (0)

なぜココログだったか?

本日2024年3月8日 このブログ 20周年を迎えました

読んでいただいている皆様 ありがとうございます

 

せっかくの記念日、今日は他のプラットフォームの更新はサボりまして(もともとサボってます)、

このブログに複数本投稿しますぜ

 

739e919d52ca49c4a10142c5ceb40431

 

20年前、なぜココログでブログ始めたのか?

 

理由は単純で、ホームページを当時ニフティ利用でやってたから でした

ホームページはその後違うサーバーに乗り換えたのですが、その後そこのサービス終了となったため

今ではまた別のレンタルサーバーで運用してます

  ※たぶん3月でホームページは28周年です

 

なぜホームページが当初ニフティだったか?

パソ通でニフティサーブ使ってたからです

 

これからもこのブログよろしくお願いします

| | | コメント (0)

会社員生活残り1週間 フリー期間の名刺

本日2024年3月8日 このブログ 20周年を迎えました

読んでいただいている皆様 ありがとうございます

 

せっかくの記念日、今日は他のプラットフォームの更新はサボりまして(もともとサボってます)、

このブログに複数本投稿しますぜ

 

会社員生活残り1週間 月末までの無所属期間の名刺 急作りしてみました

A150b9d854e84cf1bd89b2e5031cfbac

紙の名刺は もう使わないつもりでしたが、やはり持ってないと不便な場面がありまして まあ自作しとこうか ということです

日本での仕事は 紙がないとやりにくいようです

紙の名刺を持たずに日本の仕事場を歩くことは、QRコードなしで中国市街地を歩くように 不便なのかな?

紙個人名刺作った目的・背景は?
 ①名刺管理アプリに 自分の現所属を更新するのに

  紙名刺しか方法がなかった

 ②QRキーホルダーを名刺代わりにすることも

  考えていたが

  100個以上配ると以外に費用かかる

 ③オンライン名刺の本流はそろそろ絞られてくる感じでは

  あるものの

  使ってる人 まだ少ない(自分の手元調べ 同一アプリ率20パーセント)

ということで、まずは名刺管理アプリへの新所属(無所属ですけど)登録無事完了

 

これからもよろしゅーにー(*´﹀`*)

 

| | | コメント (0)

久しぶりの栃木県

関東地区まわりの中で駆け足でしたが

懐かしい土地 西那須野にお邪魔できました

 

住んでたのは手元備忘記録によると2001年から2002年

 ※宇都宮(1998年から2003年在住)からの単身赴任でした

ブログ始めたのは2004年なので、当時はホームページ更新にて発信してました

幹線道路沿いの店舗など見るたびに変化していて発展していることが感じられる西那須野でした

 

Img_6956 Img_6959 Img_6960

 

 

| | | コメント (0)

«つかの間のひなたぼっこ