« 転職から四年 | トップページ | つけ忘れゴルフ日記 2018年3月某日 協和ゴルフクラブ Out58+In55=113 »

2018年4月30日 (月)

観劇日記 【唐組30周年記念公演第1弾】 『吸血姫』

記憶がますます怪しくなってきた今日このごろ、


記憶や思い出が正しく残っているのか、

はたまた幻か思い違いか、


わからなくなってきてしまいます


事実と違って都合よく再編成された思い出があって
それが目の前に現れてきたとしたら。。。


とわけのわからないことを言い始めてしまう衝撃を
与えてくれるお芝居 唐組「吸血姫」、
拝見してきましたRimg0047


Rimg0299


有名なお芝居、戯曲で、
唐組からの発表によりますと
状況劇場での初演から既に47年が
たっているそうですので
ネタバレ含んだ感想を言っても
今後観劇されるかたに大した影響はないものと勝手に
考え、思うままの感想を書きたいと思います

現在、knasadaの手もとにある文庫版(古本で求めました)の初版が昭和50年とのことですので、
38年前に買い求めた赤いハードカバー版の発行はもう少し古かったと思われます(惜しいかな、ハードカバーは自宅の荷物整理をしようとして自ら数年前に処分してしまってました、その時にはまさかこの目で吸血姫の舞台を見られる日がくるとはおもってませんでした)


「吸血姫」、一昨年あたりから、
どこかで見る機会を、と思い始め、
探したのですが、
なかなかかかっている場所に巡り会えず
昨年は
まずは、京都の劇団による 少女仮面 をたのしみながら拝見、
その後、唐組が大阪でかけられた ビンローの封印 を拝見、
という経緯で、吸血姫を引き続き検索という日々でした


今年、唐組は何をやられるのかな、と思ってましたら、
なんと、吸血姫!


チケットの発売を待ち、無事入手し、
昨日、14:00の整理券配布に並ぶ、という順調さ、
に、思わず、列に並びながら一人笑み(気味悪いオッサン)。。。


テントでの再演、やはり、舞台装置が戯曲からの想像を
はるかに超えていて、タノシい

整理券並んだおかげで、二列めで舞台装置を首あげて見上げながらの迫力の拝見でありました


重要登場人物の一人である、海乃ほおずき、
彼女の記憶、ありたい方向性と実際の結果が
入り交じり、
現実ではなかったことまで目の前に現れてきます

虚構、ありたい姿を偽って前に進めるのか、
どこかでボロが出るのか、
そしてその行く末はどうなるのか、
ハラハラしながら見入ってしまうのでした


ヒゴノカミと言う名の登場人物、
今や漢字変換してくれない単語となりましたが
自動鉛筆削りや手動鉛筆削りでは不満、といきがって
筆箱の中に入れてた、あの肥後守、
滑らかに鉛筆を削り上げるには
時々研いでやらねばならない、手のかかる道具でした
安全にたためて持ち歩ける、使うときには刃が出る、
いつでもそばにある便利さと危険の背中合わせの感じが
重要場面の数々で発揮されてたように感じました


キーワード お世話、上野の森、満州、大陸浪人、などなど満腹になりますが、
knasada の満州地域での記憶もにじみ出してきて
不思議な感覚のうちに、
ラストシーンが視界の奥へ遠ざかっていったのでした


このお芝居には、満州の風景は登場せず、
上野の森の向こうの海のさらに向こうにあるそうですが
少女仮面では、満州の病院や満映ゆかりの人物も
登場したり、もしてました

長春や吉林をまた訪れて現場感を味わいたいと思ったのでした


写真の動物は
大きい犬ではなく、
東北オオカミ、です
吉林市の公園にて見れました

写真の河は、アムール河の上流にある松花江、です


満州の思い出ということで。。。


Ookami


Sonhuajiang_1


Effectplus_20180430_081558


Effectplus_20180430_114651


Effectplus_20180430_070103

蛇足で、次に見たいのは
愛の乞食、

用語はテレビでは避けられるもの満載で扱いづらそうですが
今の時代になってみると
テントにかけるには
ケレンに欠けると思われてるのかなぁ。。。
でも、トテモ見たい。。。


テントの余韻冷めやらぬまま、
♪ナイテくれるな、夜啼きのトリよ~
 ツキのテンマをひと~り~♪
帰ってゆくのでした

« 転職から四年 | トップページ | つけ忘れゴルフ日記 2018年3月某日 協和ゴルフクラブ Out58+In55=113 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇日記 【唐組30周年記念公演第1弾】 『吸血姫』:

« 転職から四年 | トップページ | つけ忘れゴルフ日記 2018年3月某日 協和ゴルフクラブ Out58+In55=113 »

knasada.com
本家since 1996 はこちら↓

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日々の足跡(写真集)

  • 姫路城(Himeji Castle)
    日本や世界(?) 旅した足跡を 写真で紹介してます

KL 2013年1月

  • 74380024
    KL & Klang & Port Klang

最近のトラックバック

ウェブページ